【大山バッジ】記念に持っておきたいバッジ紹介

FavoriteLoadingお気に入りに追加

記念バッジとは

山に行った、登った、その記念になるもの、欲しくなりますよね。日本の登山観光地の多くが、山の形をしたバッジ、「登頂記念バッジ」「登山バッチ」「山バッジ」等と呼ばれる物を取り扱っています。勿論大山にもございます。お買い求めるお客様も多く、観光案内所や地域の飲食店の方曰く「登山バッジはありますか?」という声を良く聞くそうです。そこで、今回は大山の記念バッジをご紹介しようと思います。

ピンバッジ

大山記念バッジ

img_2830%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

桂紀章株式会社が作成している、大山の記念バッジ。クラシックなデザインで高級感があります。1709mは大山(≒色々な山頂を一つに纏めた総称)の中でも、登山の頂上になっている”弥山”の高さを表しています。描かれている花ですが、観光案内所の方曰く「シャクナゲの様に見えるけど、大山にシャクナゲは自生していないはず…」とのこと。大山の博労座駐車場の側にある大山情報館内の2階の観光案内所にて販売しています。

価格:430円
販売場所:大山情報館2階、観光案内所

地図で開く

大山登頂記念バッジ

1475743187744

大山記念バッジと同じく、桂紀章株式会社が作成している、大山”登頂”記念バッジ。前述の記念バッジの違いは読んで地のごとく「山に登った証」となるのがコチラ。鈴が付いており、記念バッジよりも高級感があります。

山頂避難小屋の売店で販売していますが、売店が不定期営業でいつも買えるとは限りません。山頂で購入できない場合には、大山の宿「チロル&白樺」で購入できます。郵送での対応もしているとのことで、返信用封筒(82円切手を貼ったもの)とバッジ代金(600円)を同封して、「チロル&白樺」へお送りください。

 

〒689-3318
鳥取県西伯郡大山町大山39-2 チロル&白樺電話:0859-52-2818

価格:600円
販売場所:大山山頂避難小屋/チロル&白樺

 

Yamasanka Pins Limited 大山

9f8595ae-f725-47c4-bd8f-459aaa8f40bf

前2つのクラシックな物と比較して、モダンでポップな印象のこのバッジ。山ガール向けの可愛いグッズを作っているヤマサンカのご協力によって作成されました。色や形に一つ一つ意味があり、ピンクはダイセンミツバツツジ、黄色はダイセンキスミレ、紫はダイセンクワガタの色を表しています。裾野の緑から青への色の変化は、西日本最大級の自然のブナ林に蓄えられた水が日本海に注ぐことで、その恵を海の幸まで育んでいる事を意味します。ピンクや緑の色の中にある☆の様なマークは大山寺や大神山神社といった歴史ある神社仏閣の象徴とのこと。一つ一つ確り考えられています。

1729mは大山の最高峰”剣ヶ峰”の高さです。現在剣ヶ峰は登山するのは推奨されておらず、弥山の山頂から通じる縦走路は立入禁止となっていることから、登山の記念以上に、大山の自然に触れた記念の意味合いが強いバッジです。特に女子に人気が高く、2016年8月12日に行われた山ガールサミットでも高い評価をいただきました。2016年10月時点で、大山館の売店他、幾つかの宿の売店で販売しております。

価格:450円
販売場所:大山館売店 他 幾つかの宿の売店


地図を開く

 

缶バッジ

だいせんよくできました

だいせんよくできました

小学校の頃にもらった懐かしの「たいへんよくできました」のハンコ。ん?よく見ると「だいせんよくできました」になっているではありませんか!?しかも桜の花びらの1枚がなんと大山の形になっている!登山バッグに一つ変わり種が入っていると目を引くこと間違い無し!

しかしこの缶バッジ、どこで手に入るかは著者も把握しておりません。米子市役所の観光課の物との情報もありますが、定かではありません。どこからともなく同僚が貰って帰ってきたのです。どこにあるのか、皆さん探し当てて下さい!

価格:????
販売場所:????

 

むきパンダ

img_2826%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

むきパンダは大山町役場観光HP(D-Club)の新たなマスコット。妻木晩田(むきばんだ)遺跡からもじった名前。地元大山町では割と人気のゆるキャラです。大山町の観光行事やイベントでのプレゼントとして参加者に配られていたりします。

価格:????
販売場所:大山町役場観光課????


地図を開く

 

 

伯耆国大山開山千三百年祭バッジ

1300年祭り

2018年に開山1300年を迎える大山。その記念の缶バッジがコチラ。白と黒のシックなデザインに「伯耆国大山開山千三百年祭」「1300TH YEAR CELEBRATION MT. DAISEN WORSHIP」との字が目立ちます。著者は6月第一週末に行われる夏山開き祭にて、祈りの山『大山さん』を守る会に1000円の寄付金と引き換えに、手ぬぐいとこの缶バッジをもらいました。

価格:????
販売場所:????

タカミ ミチヒト

タカミ ミチヒト

投稿者プロフィール

バリバリの理系で文章とは程遠いサイト管理者。
企画と、データ解析と、サイトの管理を仕事にするひと。

1985年生まれ、米子市出身。大学は大阪へ、人間みたいに考えるコンピュータを造りたくて脳科学専攻するも、博士途中でリタイヤしビジネスの世界へ。東京の大手不動産ポータルを運営する企業にて、データ収集基盤の整備、ビッグデータ解析、Webプロモーションを担当。2016年に地方創生事業を志し父の故郷の大山町へ移住。地域のデータ収集、マーケティング、情報発信体制の構築&ディレクションなどを通して、大山を世界に冠たる観光地にするために活動中。

趣味は釣りとレース(主に観戦)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る